SSブログ
前の3件 | -

【完成】MG クロスボーンガンダム・フルクロス その6 [MG]

MG クロスボーンガンダム・フルクロス完成です。


IMG_5761.JPEG

全体の完成写真です。

改めて見ると、両肩のマントが厳つく、ドクロレリーフがカッコいいですね。


せっかくなのでフルクロスを取った状態の、なんちゃってX1も撮影しておきました。

さきに簡単にこちらをご紹介。

IMG_5749.JPEG

頭部パーツなどがフルクロス版になっていることもありますが、パッと見た限りではこれでもX1として完成体に見えます。

各所のデカールもかなり細かく貼り込んでいますが、この状態でなければ見えない箇所も多いのが残念です[あせあせ(飛び散る汗)]


IMG_5751.JPEG

全体の塗装は黒立ち上げで割と強めに影を残していますが・・・

顔パーツはちょっと色の調整をミスってしまいました[たらーっ(汗)]


IMG_5754.JPEG

背中のスラスターがクロス状に開いた状態だとあまり分からないのですが、結構細かくマスキングしている割にはシンプルな配色に見えますね・・・



IMG_5760.JPEG

胸のドクロ横のパーツを作っていないので、なんちゃってX1です[あせあせ(飛び散る汗)]

各所の黄色部分は結構ワンポイントの挿し色になっている割には、パーツ分割されていないのは古めのMGだからなんでしょうね。。。

あとは、各所のVer.Kaマーキングはできればキットに付属して欲しかったところです。

これがあると無いとでは、かなりイメージ変わるので・・・

今回、手持ちのガンダムデカールを使い切ってしまったのでこの先X3などを作るためにも、デカールの再販があると良いのですが。。。


ここからは、改めてフルクロス装着状態の完成体となります。

IMG_5762.JPEG

真正面から。

右前方のマントに貼ったのは、SKULL HEARTのマークと死神のグラフィカルなデカールです。

この死神マークはドライデカールでも付属していますが、ドライデカールは黒下地にはちょっと余白が目立つのでデカール版を使用しました。

でも、貼る場所の指定は無く、どこに貼ろうか?貼らないでおこうか?とも思いましたが、せっかくの尖ったデカールなので貼っておきました。


IMG_5765.JPEG

ほぼ真横から。

ちょっとマントの前後が浮いている箇所もあることに気づき愕然としました[たらーっ(汗)]

あと、マントについているバーニアのような黄色パーツは金色に塗っています。

このパーツはそれぞれが微妙に形が異なり、装着箇所が決まっているのでばらしてしまうと後が大変です。。。

組み立ての際には、パズル状態になりました[あせあせ(飛び散る汗)]


IMG_5766.JPEG

マント後方にも付属するかなりデザイン性の高い大判デカールを貼っています。

もっとセンスよく貼ることができれば良いのですが、普通に貼ってしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]



IMG_5767.JPEG


IMG_5768.JPEG


IMG_5769.JPEG

ちなみに、肩パーツは途中で整形と塗装の便から後ハメにした工作をしていましたが、その工作によって軸が緩みました。

普通のX1などであればそれでも問題有りませんが、フルクロスは肩パーツにフルクロスをはめ込むため、軸が緩むと両肩のマントが垂れ下がってしまいます[たらーっ(汗)]

色々調整してみましたが、最終的に軸に木工ボンドを垂らし、太らせることで強度を復活させています。

塗装の便宜を図るための後ハメだったので、組み上げた後は接着でも良いくらいなんですけどね。


IMG_5770.JPEG

マントの各所に細かく入っている白いデカールはガンダムデカールではなく、市販品を使用。

細かいですが、間延びしない様に入れてみました。


IMG_5773.JPEG

ピーコックスマッシャーとムラマサブレードを両方装備。

イカツイ装備も、このフルクロスがあれば様になりますね~


IMG_5775.JPEG

クリアーピンクパーツはガイアノーツのマルチプライマーを吹いてからクリアーコーティングしたのでキラキラです。

日焼けしてしまっていたので、これ以上変色しないようにUVコートもしています。

クリアパーツは変色してはいるものの、この状態だとそこまで気にはならないので良かったです・・・[あせあせ(飛び散る汗)]


IMG_5778.JPEG

ピーコックスマッシャーの白い筒状のパーツは交互に異なる赤いデカールを入れ、ワンポイントとしてみました。


IMG_5779.JPEG


IMG_5781.JPEG

各部署を差し替えるなどする手間があるため、撮影は割愛しましたが、各所のクリアパーツは塗装だけして放置。

豊富な武器類も一応塗装しています。

フロスボーンはホントにプレイバリューが高いですが、全塗装するとこういったパーツで遊ぶのはちょっと塗装がはげそうでコワイです[あせあせ(飛び散る汗)]



IMG_5783.JPEG

ちなみに付属フィギュア(トビアでしょうね)はちゃんと背中まで塗り分けました!

基本的に付属品は全部仕上げたいので、頑張ってます。


以上、久しぶりのMG完成でした。

今度はF91あたりを作ってみたいなぁ、、、と次回作を選定中です。












nice!(23)  コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター

MG クロスボーンガンダム・フルクロス その5 [MG]

MG クロスボーンガンダム・フルクロスの続きです。


ここまでで塗装がほぼ終わっており、仕上げに向けて組み上げていきます。

IMG_5732.JPEG

まずは武器やコアファイター、一部パーツ類。

左下のピーコックスマッシャーはなかなかインパクトある武装で、丁寧に塗り分けた甲斐があります!

右下のムラマサブレードは、刃の出る黄色パーツ(今回は金色にしていますが)は接続軸をカットして後ハメしていますが、ここにきてようやく組みつけることができました。


IMG_5734.JPEG

胴体や頭部、肩パーツも組み上げて見ました。

良い感じです。


IMG_5735.JPEG

腰部の装甲は複数パーツに分かれています。

ここまで塗装し、ようやく形として見えてきました。

塗装を行うと塗り分けやパーツ分割の都合で最終段階まで組みつけることができないケースが多く、なかなかじらされます[あせあせ(飛び散る汗)]


と、これで本体主要パーツは全て基本塗装と組み立てが完了しました!

この段階でX1として組み立てて見たいと思います。

IMG_5737.JPEG

IMG_5738.JPEG

まだコアファイターを入れてないため、背中にぽっかりと穴が空いていますが、この状態は今後再現することが無いと思うので、記念撮影しています。

一度コアファイターを入れると、わざわざばらすことは無さそうですので・・・


IMG_5740.JPEG

次にフルクロスパーツも組み立てました。

黒と赤の装甲を組み立てると、割と隙間が空いてしまいます。

おそらくキットのままパチ組みだと隙間は空かないのではないかと思うのですが、私は塗装派のため必ず軸調整をして組んでいます。

そのため、軸同士がそこまで強固にくっつかないため、こういった面積の広いパーツでは接着してしまう方が良い場面もあるのです。

今回は浮きが目立つ箇所のみ、軸に接着剤を流し込み丁寧に接着しました。


IMG_5741.JPEG

あと、上の全体写真だと小さすぎて見えませんが、パイロットフィギュアも塗装しました。

ここまで小さいと筆塗りですが、全てラッカー筆塗りの後、スミ入れ。

キットのままだとスミがキレイに残らないと思うので、部分的にデザインナイフでスジを入れておきました。



ここまで進めて、いよいよ仕上げ一歩手前のデカール貼りです。

今回はラッキーなことに、X1/フルクロス用のガンダムデカールを持っていましたので(数年前にガンダムベース東京で購入していたように思います)、そちらを使っています。

IMG_5745.JPEG

雑誌作例などを参考に、コアファイターのデカールを貼った状態です。

かなり細かなデカールを大量にはるため、なかなか根気のいる作業です・・・

割と苦手です[あせあせ(飛び散る汗)]


IMG_5747.JPEG

スラスター展開状態です。

デカールを貼った後、全体に半ツヤのUVカットクリアーを吹きつけて仕上げです。

以上で完成となりますので、次回は本体の完成編となります。

次回へ続く・・・












nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター

MG クロスボーンガンダム・フルクロス その4 [MG]

ちょっと更新滞っていますが、MG クロスボーンガンダム・フルクロスの塗装編続きです。

フルクロスのアイデンティティーであるクロスの塗装はちょっと実験をしてみます。

IMG_5713.JPEG

写真下部分に瓶を置いていますが、プリズムブルーブラックを使ってみました。

そのまま塗ると、ほぼ黒だけど角度によって暗い青に見えるような塗料なので、フルクロスのマント部分に使うと面白い効果がでることを期待しましたが・・・

写真だと、まだ光沢アリの状況のためブルーブラックな感じですが、最終的に半ツヤで整えてしまうとあまりプリズムな感じがしなくなりました[あせあせ(飛び散る汗)]

この塗料の賢い使い方はまだまだ研究の余地がありそうです・・・


IMG_5716.JPEG

マント内側のマルーンは光沢が強すぎたので、マットな感じしたくてつや消しクリアーでしっとりさせてみました。

結果、好みの色味になってくれたので、こちらは大成功。



IMG_5719.JPEG

コアファイターのスラスターやピーコックスマッシャーの先端部分はグレーで塗り分けをしたくて、マスキングしています。

MGですが、こういった細かな箇所はそこそこ塗り分けがありますので丁寧に塗っていくのが吉ですね。


IMG_5724.JPEG

ということで、マスキングを剥がすとこのような感じに。

手間が掛かっただけあって、満足です。


他にもここまでの塗装で塗り分けできていたマスキングを剥がし、一度並べて見ました。

細かな黄色箇所をマスキングしていたパーツ群です。

IMG_5720.JPEG

マスク漏れなどがあれば、ここから修正になるところですが、今回は幸いにしてキレイにマスキングできていました!

たまに一発でマスキングが決まるとめちゃ嬉しいです!



IMG_5723.JPEG

武器パーツばかりですが、黄色と金色のマスキングをしていたパーツ群。

こちらもキレイにマスキングできていました~

金色塗装は以前のHJ別冊のGUNDAM WEAPONSにあった作例がカッコ良かったので、真似してみましたが海賊っぽくなって良い感じです!


次にクリアーパーツを処理します。

このキットは武器が豊富なため、クリアーピンクのパーツが非常に多く付属しています。

IMG_5721.JPEG

左の2パーツ(ムラマサブレードの刃)は日焼けでオレンジがかっています。

右側のピンク色パーツがキット本来のクリアーピンクですね。

ちょっとこの日焼けパーツをピンクにしたくて、色を塗ることにしました。


IMG_5725.JPEG

ということで、このように調色したピンクを塗装。

このピンクは、以前にナラティブを作った時に調色したサイコフレーム用ピンクです。

ちなみに、クリアーピンク+蛍光ピンク+???で最後のレシピ不明です[あせあせ(飛び散る汗)]


しかしながら・・・・

このクリアーパーツが少し柔らかな素材であったためだと思いますが、塗料ののりません[たらーっ(汗)]

IMG_5742.JPEG

乾燥後、触っていると右下のパーツの光っているように見える部分は、ピンクの塗料が剥がれているのです[たらーっ(汗)]

ムラマサブレードの刃も擦ると塗膜が剥がれることを確認。。。。

仕方ないので、クリアーピンクパーツはタミヤのペイントリムーバーに浸して全て塗料を剥がすことにしました。

最終的に、塗料を剥がしてからガイアノーツのプライマーを吹いてからUVクリアーで日焼け防止をするに留めました。

こういったパーツの処理も今後の課題にしたいと思います。











nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター
前の3件 | -
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村