SSブログ
前の3件 | -

【完成】Gのレコンギスタ 1/144 HG G-セルフ その4 [HG]

Gのレコンギスタの1/144 G-セルフが完成です!

今回は素組みは発売当時のおそらく2014年くらいにしていたものを、劇場公開に合わせて引っ張り出して完成させた、というものになります。


前回までで塗装完了につき、組み上げます。

クリアーパーツのはめ込みを慎重に行い、フィニッシュ!

IMG_1076.JPEG


まずは正面のご紹介。

IMG_1067.JPEG


IMG_1068.JPEG

翼部分の延長、アンテナの延長を行って、少しはシャープにできたかな?と思ってますが如何でしょうか。

それ以外で外観上の変更点は(モールド彫り直しはしていますが)ありません。

素直にほぼ設定通りの配色とし、すっきりと清潔感ある感じに塗ってみました。


IMG_1069.JPEG

バックパックがあるため、重心がやや後ろになっていることから、案外素立ちは不安定でした。

展示時にはベースを付けようと思います。。。


IMG_1070.JPEG

足首後ろのグレー部分中央には、黒い窪みがあります。

ここは黒サフを塗って、黒サフをマスクした上でグレーを塗る、という順番で塗装しています。

腰後ろの黒い部分はマスキングして、黒を塗装、しています。

パーツの色分けはされていますが、設定上細かな塗り分けがあるため思った以上に手間が掛かりました。


IMG_1071.JPEG

バックパックのノズル部分などは黒く塗ったのではなく、黒サフを残すようにして青を塗装しました。

明示的に黒を塗っている訳ではありませんが、それっぽくなっているのでそのままとしています。


IMG_1072.JPEG

ライフルの塗り分けで、黄色部分が小さく両サイドにありますが、こちらもマスキングして黄色を塗装。

筆塗りだと、黄色が上手く塗れ無いのでエアブラシの方が早く仕上がります。


IMG_1073.JPEG


IMG_1074.JPEG

シールド裏はグレーで塗っています。

塗り分けは手間ですが、引き締まった感じになると思います。


IMG_1075.JPEG

バックパックを外すと、安定して立つことが可能(笑)

やや股間の軸が緩かったので、瞬着で調整しています。


IMG_1078.JPEG


IMG_1079.JPEG


IMG_1081.JPEG

展示ベース接続軸は股間にありますので、こういった展示ベースがそのまま流用可能です。

ちなみに写真のベースはムーンガンダム付属のものだったと思います。


IMG_1082.JPEG

翼をたたんだ状態。

少し後ろに傾きそう・・・・


IMG_1086.JPEG


IMG_1100.JPEG


以上、1/144のHG G-セルフでした。

GレコのMSは特徴的なデザインのものが多いので、今後も少しずつ作っていきたいと思います。

劇場版をやっているこの状況においてもなお、プレバンの再販すら無い、というのはちょっと不遇ですよね。。。

MG G-セルフなど、新規キットが出ることを祈念しつつ、今回は以上となります。









nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター

Gのレコンギスタ 1/144 HG G-セルフ その3 [HG]

Gのレコンギスタの1/144 G-セルフの仕上げとなります。

前回までで、塗装はだいたい終わりましたので、クリアー部分などを仕上げていきたいと思います。


IMG_1054.JPEG

キット付属のシールは、クリアーパーツの裏面に貼るシールが用意されており、これを貼ることでクリアーパーツがかなり見栄え良くなります。

今回も、このシールはせっかくですので使用しました。

全パーツの塗装終了後、全体をUVカットの半ツヤでコーティングし、仕上げにこのシールを貼りました。

この後、クリアーパーツをはめ込めば完成間近です!


IMG_1056.JPEG

その後、残った青いシールはクリアーブルー、ブルーパールでコーティング。

このシールは各所(本来はクリアーパーツが入っても良い)がキットではシール再現となっています。

こういった箇所を弄り出すと完成する気がしないので、今回は素直にこのシールを使用しました。

肩のビームサーベル部部、腹部の赤い部分などにこの青いシールが入ると引き締まります。

今回はシールに塗装してみましたが、塗装無しでも、良いかも知れませんね。


IMG_1057.JPEG

肩の面倒なマスキングを剥がしたところ、なんとか成功。

その他、ソールパーツのマスキング、ライフルのマスキングなどを剥がしてみたところ、おおよそ問題なくマスキング塗装ができていたようです。

ライフルには黄色いラインが入るのですが、マスキングで黄色を塗ることが難しいと判断し、今回は金色のテープを貼りました。

ちなみにこの金色テープは、100均のネイルアート用で売っていたものが良い感じでしたので、そちらを貼り込んでみました。(透明なセメダイン接着剤で補強しています)


IMG_1059.JPEG

最後まで忘れていたのですが、頭部パーツの黒と青い部分、あとバルカンの黄色も塗装要でした。

黄色は筆塗り、黒と青部分はキットにシールが付属はしますが、流石にここはマスキングで塗装しました。

ここも細かな塗り分けになりますが、目立つところなので、注意してマスキングです。


IMG_1063.JPEG

ということで、頭部はこんな感じで完成しました。

なお、目はラッカー筆塗りでメタリックイエロー、その後目の周りをエナメルのフラットブラック筆塗りで、はみ出したところは拭き取りしています。


IMG_1064.JPEG

各所のスミ入れも行い、最初に工作していた膝関節の後ハメを行います。

ここを後ハメにしていなければ、マスキングがかなり手間になったと思います・・・


IMG_1065.JPEG

ここでもう一度全パーツをある程度組み立てた状態で、UVカットのクリアーコーティングしました。

クリアー+つや消しを1:1で作った半ツヤクリアーをエアブラシで吹いています。


IMG_1066.JPEG

一番最初に悩んだ箇所ですが、ふくらはぎ横に付くパーツ(写真右下のもの)はクリアーパーツを挟み込んで白パーツの接着と合わせ目消しが必要です。

なんとか後ハメ化できないか?と色々考えましたが、工作がかなり大掛かりになりそうだったので、結局普通に組み上げて、中のクリアー部分をマスキングして白を塗っています。

この最終のクリアーコートが終わった後に、初めてマスキングを剥がしましたが、なんとか無事マスクできていたようでした。


さて、以上で全ての工程が完了しました。

G-セルフはデカールを貼るイメージが無いので、このまま組み上げて完成となります。

次回、完成編です!









nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター

Gのレコンギスタ 1/144 HG G-セルフ その2 [HG]

Gのレコンギスタの1/144 G-セルフの続きです。

前回は素組みから、塗装を考慮した後ハメ加工をメインに進めていました。

工作としては、写真を撮れていなかった部分が多いので文章だけになりますが。。。

・頭部のツノの先端をプラ版を貼って延長&先鋭化

・バックパックの赤い羽根を5mmほど延長(プラ版を接着し削り込み)

・尾翼?の先端をプラ版を貼って延長と先鋭化

・手首をバンダイ製のオプションハンドパーツで置き換え(甲部分のみキットから移植)

といった工作をしまました。


実はこのG-セルフは発売当時に素組みしたあと、放置→工作→放置→工作・・・を繰り返していたので、何をしていたのかもうろ覚え・・・[あせあせ(飛び散る汗)]


IMG_0977.JPEG

さて、プラ版工作などを行っていますので、サフ吹きして、傷のチェックとキット部分との差異は目立たなくしようと思います。

G-セルフの青はキット指定職はスカイブルーとなっており、明るい青ですので、下地として白を吹こう、とグレーパーツ以外はサッと白サフを吹いておきました。

バックパックの翼部分はサフ吹きして、ヤスリ掛け、再度サフ吹きして・・を何度か繰り返し、自然に見えるように表面処理を行っています。


IMG_1042.JPEG

こちらが青を塗る前の青系パーツ。

シールドだけブルーグレーのような色になるようですので、ここだけは別途ブルーグレーを作って塗ることにします。

それ以外の青は、キット発売当時にG-セルフ用ブルーという専用色がGSIクレオスから発売されており、持っていたのでこちらを使う事にしました。


IMG_1044.JPEG

白を白サフの上から塗装しました。

この白は色々考えましたが、初代ガンダムのような白がアニメのイメージかな?と思いましたので、「GSIクレオス ガンダムカラー RX-78ホワイト Ver.アニメカラー」を使いました。

白にすこ~~~しだけ緑が入ったような、少し淡い白ですが、イメージ通りの白でした。


IMG_1041.JPEG

グレーパーツ群です。

ライフルは左右貼り合わせですので、接着し合わせ目を消した後、グレーサフで表面を整えておきましたが、それ以外のグレーパーツはそのまま塗装しました。

手首も幾つか用意してみましたが、結局武器を持たせて飾るので、武器持ち手だけで良かったとも思いました・・・


IMG_1046.JPEG

グレーを塗装したところです。

このグレーはガンダムカラーのMSグレージオン系を使用しました。

シールドの裏もこのグレーで塗っておきました。

後でグレーをマスクして、白を塗ろうと思います。


IMG_1043.JPEG

黄色、赤のパーツはこんな感じで準備しました。

赤だけはプラ版加工しサフ吹きしたので、下地を合わせるために、一通り白サフを吹きましたが、黄色部分は無加工なのでそのまま塗ることに。

黄色は、イエロー+黄橙色+白で少し淡い感じの白にしました。


IMG_1045.JPEG

赤はモンザレッド+白で少し淡い赤を作って塗装。

その後、スジ彫りや陰になりそうな部分をクリアーレッドで塗装し、濃淡を付けておきました。

クリアーレッドだけだとテカってしまいますが、後でツヤは調整するのでこの時点では気にしません。


IMG_1050.JPEG

シールド、ライフルは白い箇所があるため、グレー部分をマスキングしました。

ライフルは案外手間が掛かりましたが、後で結構目立つのでここは手を抜かずに頑張りました。

G-セルフってこんな感じで、案外細かい塗り分けがあるんですよね~



IMG_1053.JPEG

青部分は一度G-セルフ用青をそのまま塗って見ましたが、どうにもしっくりこなかったので、改めて黒サフを全体に吹いてから、黒立ち上げで青を塗ってみました。(最初の白サフはほぼ無意味に・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

バックパックのノズル部分、スジ彫り部分などの黒を残すように青をエアブラシで吹きつけました。

そのため、青部分はスミ入れは行っていませんが、それなりに見栄えは良くなったんじゃないかと思います。

ちなみに脚の裏の肉抜きは埋めても良かったのですけど、こういう工作がちょっと苦手なので、手抜きしました(笑)


青を塗った後、案外面倒な肩の黄色いノズル?部分を塗り分けるためマスキングしました。

IMG_1055.JPEG

塗装の順番として、青を塗る前に戻るのですが、以下のような順番としました。

(1)青パーツに黒サフ

(2)肩のバーニア中心部が黒なので、黒サフを残すようなマスキングを行う

(3)青を塗る

(4)黄色部分を塗るため、青をマスキングで保護

(5)黄色を塗装

以上の順番で塗装し、各マスキングを剥がせば成功!のはずです。マスク漏れしていなければ。



以上で基本の塗装がほぼ終わった状態になりました。

G-セルフは細かな塗り分けやクリアーパーツの扱いがありますので、次回はその辺りの仕上げ一歩手前処理、を行います。









nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター
前の3件 | -
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村