So-net無料ブログ作成

装甲騎兵ボトムズ 1/8 フィアナ その3 [ボトムズ]

ボトムズのフィアナのキットの続きです。

前回までで、製作停止に至る悩みの元であった、頭部と太もものパーツ接合部のズレをポリパテで整形することでお悩み解決できています。

結果、”まぁ良いか”、と思える程度にはズレが修正できました。

パーツ数も少ないことから、このまま表面を仕上げれば塗装に移れる状態です!



しかし・・・

あまりにシンプルなキットですので、このまま塗装ではちょっと物足りない感じがします。

せめてものディティールアップ(?)として、とてもキレイに造形されているキットのシワ表現やフィアナのボディラインをより強調!

という趣旨で、ほんの少しだけ加工することにしました。


今回の工作のソースは、第1話冒頭の素体(=フィアナ)とキリコの出会いのシーンで描かれた、裸体の素体(変な表現)です。

分かる方には分かって頂ける、あのシーンのイメージを少しでも反映させたいと思いました。


IMG_1302.jpg

具体的には写真の赤囲み部分が胸部ですが、ややシンプルかと。

キレイな造形ですが、起伏もなく可も不可もなし。

写真には胸部の頂点になる箇所に鉛筆であたりをつけたところであり、整形前の状態です。


IMG_1303.jpg

赤囲みのように、胸の頂点には当然乳首があるであろう箇所を意識して、チェック。

先の写真の鉛筆で付けた印を目安に、ピンバイスで穴を開けました。

今回は、やや大きめの2mmの径で穴を浅く(5mmくらい?)入れました。


次に、乳首を作る、というとなんだかアレですが・・・

あくまでフィアナのボディースーツ(?)の下にある胸を強調して、模型としての見どころをつけてみよう、という意味ですよ?

IMG_1305.jpg

まず2mm径のプラ棒を差し込み、ガイアノーツの瞬着カラーパテの肌色で固定。

プラ棒の向きも重要です!

やや上向きで固定。

なんだか痛そう・・・


IMG_1307.jpg

適当な長さでプラ棒を切断。

このプラ棒の長さが長すぎると下品というかアンバランスになるし、短すぎると意味が無い・・・

慎重に少しずつ調整してカットしました。



IMG_1309.jpg

プラ棒の周辺を再び、瞬着カラーパテでコーティング。

胸のライン、服のシワとの整合性を見ながら盛りつけます。

盛り過ぎると、せっかく埋めたプラ棒が意味を成しませんし、少ないと乳首が目立ち過ぎです。

ついでに、胸全体のラインも微調整できるように盛りつけています。


IMG_1310.jpg

その後ナイフ、ヤスリで整形しました。

肌色の瞬着カラーパテなので、馴染みすぎですね。

プラ棒がやや目立ってしまいますが、少し胸の形にメリハリが付いたのではないかと思います。

服の下なので、突起の形が見える、というのもおかしいのではないかと思い、これくらいの表現がギリギリかな?というところまでプラ棒を削り込んでいます。


今回の工作は他のキットにも応用できそうですので、また色々と試してみようと思います。

ちょっとキットの作製から脱線しましたが、勉強になりました。







nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村