So-net無料ブログ作成

バンダイ うる星やつら  キラメキラムちゃん その11 [うる星やつら]

うる星やつらのキラメキラムちゃんです。

全パーツの塗装が完了。

アイペインも終え、頬にもチークを書き入れて、瞳もWジェルグルーで透明感を加えて・・・

いよいよ完成!

と喜び勇んで、組立を始めました。


両脚は色々接着方法を検討していましたが、最終的に瞬着で固定することに。

脚を接着する前に、髪の毛のパーツなんかも組みたてようと、後ハメ化した後頭部をはめ込みました。

もみあげは別パーツなので、最初はハイグレード模型用セメダインでつけようとしましたが、

やはりこうった接着面積の少ないパーツには不向きでした。

結局、0.5mmの真鍮線を通すことに。


この0.5mmの真鍮線を通す穴をピンバイスで開ける作業中に、手を滑らせてパーツを落としそうになったはずみで、ピンバイスの針がキットの中に刺さったままポッキリ[たらーっ(汗)]

ベストな穴開け位置にピンバイスの針の先端を残したまま、位置をずらして穴開けをやり直しハメになりました[たらーっ(汗)]

当然、0.5mmのピンバイスのドリルも壊れたので、買いに行くことになり・・・・


色々と不調が続きましたた、もみあげの取り付けもできましたので、最期に脚を接着しようとパーツ保持のつもりで頭部を持ったのが間違いでした。

首がバキっと、亀裂が入ってしまいました[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]

・・・もうヒビを見た瞬間に、キットを投げ出したくなるレベルでモチベーション消失です。


しばらく立ち直れなかったのですが、やはり復旧させたいと、隙間に流し込み接着剤を挿入し、むにゅっと接着。

そうすると今度は溶けたプラスチックと塗料がはみ出して・・・悪化し・・・

隙間もできるので、埋めるしかありません。

隙間はガイアノーツの肌色の瞬着を点付けし、なんとかダメージを最小限に抑えようとしました。

結果がこんな惨状に。

DSC03886.JPG

ほぼキットが組みあがったように見えますが、赤マル部分、接着剤で首輪です[たらーっ(汗)]


別ショットで。

DSC03883.JPG

本来、ラムちゃん完成の図にしたいショットですが、この首輪になった瞬着の跡は消さなければなりません。


写真で見た目以上にキットは小さい(1/12程度)ので、首の部分も下手なヤスリを入れると顎や胸が傷つきますので、細心の注意を払って作業しました。

爪楊枝を首のアールに沿うような形状に削り、そこに瞬着で紙ヤスリを貼る、といった治具も作製しなんとか瞬着をなだらかにします。


あまり強くやすることもできないので、そこそこ目立たない程度で諦めることにしました。

顔、身体などの部分をマスキングし、首だけをエアブラシで塗装します。

ラスキウスで塗った胴体に合わせる必要があったので、ラスキウスのベースカラーとクリアーカラーの上掛けを様子を見ながら少しずつ丁寧に塗装します。

大変でしたが、なんとか誤魔化せたか?といったところです。


DSC03890.JPG

塗装にあたり、せっかく付けた髪の毛は全て外しました。

ラッピングされたラムちゃんみたいです[あせあせ(飛び散る汗)]

乾燥したら、つや消しを吹いて、もう一度組み立てれば今度こそ完成のはず。


遠回りしました・・・・










nice!(67)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 67

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。