So-net無料ブログ作成

バンダイ うる星やつら  キラメキラムちゃん その7 [うる星やつら]

この一週間は更新が空いてしまいました。

模型作りとしては、色々していましたが、あまりに地味な作業ばかりだったので、記事にするにも素材が足りない状況でした。

それらは別記事でまとめようと思いますが、今回はその中でもキラメキラムちゃんに関する作業をまとめます。


前回までで、おおよその部品の処理を終えていました。

残務というか気がかりとしては、ラムちゃんのチャームポイントである、ツノの処理です。

キットのツノは細くてとがり過ぎている感じがしました。

イメージとしては、ガンプラなどのバーニアくらいの円錐(なだらかな円錐)形状をイメージしていましたので、バーニアパーツやその他使えそうなパーツを探してみたりもしましたが、イメージ通りのパーツはありませんでした。

唯一、近い形状は、HGBC(ガンダムビルドファイターズのカスタマイズパーツ)シリーズのボールデンアームに含まれる、弾頭のようなパーツの先端ですが、この為にそのパーツを切り取るのももったいない気がしましたし、このパーツでも、まだまだ尖り過ぎに思えました。

そのため、今回は3mmプラ棒を削ってツノを作ることにしました。

DSC03723.JPG

写真の赤マル中央の緑パーツがキットのツノです。

両脇が今回プラ棒で作ったツノ。

髪の毛には3mmの穴を開けているので、穴に埋まる部分は円柱のまま、先端のみ円錐に削っています。


これを取りつけると、

DSC03719.JPG

こんな感じです。

かなり自分のイメージに近づきましたので、今回はこの自作ツノパーツで決定!

これでようやく、全てのパーツが揃いました[ぴかぴか(新しい)]


ようやく揃った全てのパーツを中性洗剤でもう一度洗浄。

削りかすや手の脂分をキレイに落とし、十分に乾燥させてからサフ吹きしました。


DSC03726.JPG

ベースはキットのパッケージ作例のようにピンクや赤にするのか悩みどころですが、とりあえずサーフェイサーはピンクサーフェイサーにしておきました。

黒サフを吹いたパーツはメタリック調にしようと思います。

その他、本体は前回までの工作で完結していますので、全体を白サフで統一しました。


サーフェイサー乾燥後にパーツチェックし、傷などが無ければいよいよ塗装です。

長かったですが、ようやく完成が見えてきました。


そうこうしている間に早2月ですね。

2月を知らせる便りとして、手元にクラッシャージョウのファイター1が届きました!

ハセガワらしい繊細なパーツ、キャノピーパーツはクリアとピンクの2色がセットという新設設計+マスキング用シールまで付属するという分かっている仕様です。

パーツも多くないので、ファイター2が出るまでに完成させたいところです。












nice!(56)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 56

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。